• ホーム
  • 付着防止器具「亀キャップ」

鋼板切断のクオリティーを上げる
付着防止器具「亀キャップ」

鋼板を切断する際に「加工によって製品にノロ・ノッチが付着する」「切断用テーブルの鉄板がすぐに傷むので、頻繁に取り替えが必要だ」などの内容にお困りではありませんか? 亀山鋳造所では、お客様の「こんなのあったらいいな」の声にお応えし、ガス切断・レーザー・プラズマにも対応する付着防止器具「亀キャップ」を開発しました。

亀山鋳造所が独自開発した工作機械~亀キャップ~

亀山鋳造所が独自開発した工作機械~亀キャップ~

「亀キャップ」は鋼板を溶断する際に生じるさまざまな問題を解消する魔法のような鋳物製品です。4つのトンガリ部のある見た目が特徴であり、鋭利な部分があることで付着防止の機能を飛躍的に上昇させました。

以下では亀キャップの3つのメリットをご紹介します。

亀キャップの3つのメリット

メリット
メリット01 鋼板への付着を防止

鋼板を溶断する際に4つのトンガリ部の先端でカットする被切断材を支えることにより、ガス切断の際のガスノロ・かえり・ばりなどの付着物が発生しません。そのため、施工後も裏面がきれいな状態を保てるために、仕上げ作業は簡単に。作業者の負担軽減につながります。

また、耐熱性に優れた材質で製造しているトンガリ部は、勾配がきつくなっているため、火花や溶鋼が落下しやすい設計に。溶断する鋼板の裏面を傷めないのはもちろん、テーブル用の鉄板の保護する役割も担います。

メリット02大幅なコストダウンを実現

4つのトンガリ部が切断の際の火花や溶鋼を分散させるためにテーブル用の鉄板も長持ちさせることができ、損傷が少ないため取替作業も激減します。従来なら鉄板の全取替を行っていたところを、「亀キャップ」のみ交換するだけで済み、コスト削減に貢献。一部のみを取り替えることで機械停止時間減少し、生産性もアップさせることができます。

また、鋼板の仕上げ作業が軽減することで作業者の負担も減り、時間も短縮。手直し費用も減少させることができ、高品質で抵コストの製品を製作することが可能になります。

メリット03あらゆるテーブルサイズに適応

あらゆるガス切断用テーブルに適応できるように、製品の受けの部分に厚みを持たせた構造になっています。あらゆるサイズに対応できる設計になっており、特注品も安価で製作可能です。特別な材質、形状などをご希望の場合は、お気軽にご相談ください。

あらゆるテーブルサイズに適応

また、亀キャップには固定ネジ装着タイプもあります。鋼板を強力なマグネットで吊り上げることもできるので、容易な作業で取りつけられます。

亀山鋳造所へのお問い合わせはこちらへ

このページの先頭へ